肥満によるリスクは多岐に渡ります。健康に関して言えば心臓病や高血圧、高血糖からくる生活習慣病や女性ならば月経異常など起こりうる症状は数え切れません。肥満であることで健康に良いことは一つもありません。肥満な方は今すぐ痩せる努力を!

  • ホーム
  • 肥満と隠れ肥満の違いと効果ありの方法とは

肥満と隠れ肥満の違いと効果ありの方法とは

肥満は、ズボンのベルトの上にお腹のお肉が乗っていたり、見るからに脂肪が多そうな体格の人のことを指します。
ただ、見た目が太っているからといってそれが脂肪だけでなく筋肉で重いこともあり、お相撲さんは見た目はふくよかな感じがしますが実は体脂肪が低く、脂肪より重い筋肉がたくさんついているから重いということもあります。

一方、隠れ肥満というのは見た目は細く痩せているように見えるのに実は体脂肪が非常に多い状態のことを指します。
低体重や標準体重であるのに体の線が崩れていたり体が重い感じがするという人は隠れ肥満の可能性が高いといえます。
では、なぜ隠れ肥満になってしまうのでしょうか。
また、改善するのに有効な方法はあるのでしょうか。

隠れ肥満の原因は様々なことが考えられますが特に食事制限だけの運動をしないダイエットなどでリバウンドを繰り返すことによって隠れ肥満になってしまうことが多いとされています。
運動が不足してしまうと筋肉の代わりに脂肪が増加して、ばっかり食べなどの同じものばかり食べるダイエットをすることで十分な栄養素が摂取できずに脂肪がたまっていくという悪循環に陥るのです。
隠れ肥満に効果ありの方法は、有酸素運動などの適度な運動しながらバランスの良い食事を心がけることです。

あまり運動をする習慣がない人にとって、いきなりランニングなどはきついものがありますので、自宅の近所をウォーキングしたり自宅でエクササイズをするなどして軽めの運動から始めてみることをおすすめします。
食事制限で脂肪が増えたと感じる人はカロリーを抑えつつ良質なたんぱく質をとるようにしましょう。
たんぱく質が不足すると、筋肉を分解することで経減る代わりに脂肪が増加しさらに体脂肪が増えてしまうことが考えられますので、たんぱく質を意識的に摂取しながらバランスの良い食事をとるように心がけましょう。

関連記事